芹沢銈介と沖縄 ―明るく、静かで、深いもの―

芹沢銈介と沖縄 ―明るく、静かで、深いもの―

スマートフォン・タブレットでの使用は、無料のアプリを先にインストールしてブックを見てください。 詳細
  • 『芹沢銈介と沖縄 ―明るく、静かで、深いもの―』

    芹沢は昭和3年、沖縄の固有の染物“紅型”に出会って衝撃を受け、染色家となる決意をします。以後最晩年に至るまで紅型は芹沢のバックボーンとなり、創作活動に大きな影響を与えました。また昭和14年に初めて沖縄に渡り、その風物に深い感銘をうけ、沖縄に取材した多くの代表作を制作しました。

    この展覧会では、沖縄に取材した作品を含む約80点と、紅型をはじめとする沖縄の工芸品約100点を展示し、終生あこがれ続けていた沖縄と、芹沢との関係をたどります。(静岡市立芹沢銈介美術館)
  • 期間:4月6日 〜 7月2日
  • ウェブサイト: http://www.seribi.jp/