いきいき元気なひと Vol.3

Shizuoka ebooks
Shizuoka ebooks
Shizuoka ebooks
梶山みどり主宰
「くるくるart」ペーパークイリング教室
梶山みどり主宰「くるくるart」ペーパークイリング教室 へ http://kurukuru.naraigoto.jp/index.html

Shizuoka ebooks
くるくるアート
Shizuoka ebooks
 「ペーパークイリング」初めて耳にする言葉だった。梶山みどりさんは、静岡ではまだ2人しかいないBQJ(ボタニカルクイリング・ジャパン)認定インストラクターだ。作品を見て驚いた。花びらや葉はすべて小さな輪の集合体。葉脈にも見えるその輪が連なり可憐な花を象っていた。

 ペーパークイリングは、15~16世紀頃、ヨーロッパで修道女が鳥の羽軸(クイル)に聖書の製本で余った切れ端を巻きつけて、宗教的用具などの装飾をしたのが始まり。今では、色とりどりの細長い紙を小さなニードルで巻いて輪のパーツを作り、様々な形に変えては思い思いの花を描くのが主流だ。
 小さな頃から手芸が大好きだった梶山さんは、不思議なペーパーアートに魅せられ夢中で勉強したそうだ。

「花びらをよく見ると、上下左右と色々な方向を向いてる。色も様々。それを輪のパーツで表現するんですね」
くるくるとひたすら紙を巻いては創作するペーパークイリング。手先を見ていたら、小さな花の命のゼンマイを巻いているようにも思えた。

「お花をプレゼントすると、皆さん、見たことも触ったこともないからとても喜んでくれる。嬉しいですね。生徒さんをもっと増やしてクイリングをメジャーにしたい。健康のために、お年寄りにも進めたいですね」

 梶山さんは、ちぎり絵をやっているお母さんとの二人展も計画中と夢いっぱいだ。
Shizuoka ebooks
Shizuoka ebooks
Shizuoka ebooks

Shizuoka ebooks

Shizuoka ebooks