いきいき元気なひと Vol.6

Shizuoka ebooks
Shizuoka ebooks
Shizuoka ebooks
しずおかOーCHAプラザ
しずおかOーCHAプラザ http://www.o-cha.net/japan/plaza/index.html

Shizuoka ebooks
しずおかOーCHAプラザ
Shizuoka ebooks
 「湯冷まししたり、茶托のしずくを払ったり、相手が心地よくお茶を飲めるように、ひと手間かけて気配りすることがおもてなしだと思いますね」

 日本茶インストラクターの秋山麻子さんは、上品で物腰柔らかな女性だった。秋山さんが勤務する「しずおかO-CHAプラザ」では、来訪者にお茶の淹れ方を教えたり、新茶や冷茶など、季節に応じたお茶講座を開いたりしている。

 「同じお茶でも違った味を楽しみたい時は、お湯の温度を変えてみる。そうすれば味が変わるんだって知っていただくと、お茶の楽しみはもっと広がりますよ。今の季節、冷茶もおいしいですね。それと、やっぱりお茶は急須で淹れたいですね。茶葉の量やお湯の温度、種類など、自分好みの味に淹れることができる。急須の大きなメリットだと思います」

 聞けば聞くほど秋山さんのお茶への熱い思いが伝わってくる。家庭では二児のお母さん。

「子どもに宿題やりなさいって言う代わりに、毎晩『今日のお茶何にする』って合図するんです。これを聞くと、子どもたちが宿題を持ってダイニングにやってくる。ちゃんと宿題もやるし、今日は玄米茶にしてってリクエストするようにもなりました」

 お茶って素敵なコミュニケーションツールだと改めて思った。「今日のお茶何にする」なんて素晴らしい家族の愛言葉なんだろう。
 お茶には人の心を繋ぐチカラがある。この魅力あるお茶を日本全国に広めていこう。
Shizuoka ebooks
Shizuoka ebooks
Shizuoka ebooks

Shizuoka ebooks

Shizuoka ebooks